「がん医療を学ぼう講座2014」のご案内!先着100名さま。

チラシ表.jpg

第3回「がん医療を学ぼう講座2014」のご案内です。
県内外の素敵な先生方をお呼びして、2年ぶりの講座を開きます。
2日間講座で有料ですが、ぜひご参加いただけましたら幸いです。

■チラシはこちらからご覧ください。
http://www.gan-support-kagoshima.com/manabou2014omote.pdf

【1日目】
日時:12月20日(土)
場所:かごしま県民交流センター大研修室2

1日目スケジュール.png

9:30〜10:00 『鹿児島県のがん対策推進計画』
鹿児島県保健福祉部健康増進課 がん対策・歯科保健係 係長 荊原泰利さん
10:10〜11:00『がんってどんな病気?』
公益財団法人昭和会 今給黎総合病院 緩和ケア認定看護師 大西玲子さん
11:10〜12:00『がん患者さんが利用できる社会保障制度』
南九州病院 地域連携室 ソーシャルワーカー 久永佳弘さん
13:00〜13:50『がん患者として体験したこと』
鹿児島大学病院緩和ケアセンター医師/サバイバー 前川健一先生 
14:00〜14:50『家族の立場から考える』
鹿屋医療センター 緩和ケア認定看護師・患者家族 西尾美咲さん
15:00〜15:50『がんの補完代替療法「ウソ」「ホント」〜健康情報の見極め方〜』
帝京大学医学部臨床研究医学講座 特任講師/早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構
 客員准教授/東京女子医科大学消化器外科 非常勤講師 大野智先生"
16:00〜16:50『あなたにも役立つがんと遺伝のABC』
胎児クリニック東京/順天堂大学遺伝相談外来 遺伝カウンセラー田村智英子先生

【2日目】
日時:12月21日(日)
場所:かごしま県民交流センター大研修室4
2日目スケジュール.png

10:10〜11:00『国のがん対策を知る』
国立がん研究センターがん対策情報センター センター長 若尾文彦先生
11:10〜12:00『がん情報の探し方』
国立がん研究センターがん対策情報センター センター長 若尾文彦先生
13:00〜13:50『漢方薬ががん患者さんの生活の質を向上させるーここまでわかってきた漢方薬の科学的エビデンス』独立行政法人国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野 分野長 上園保仁先生
14:00〜14:50『がん患者さんが在宅で過ごすには?』
在宅支援クリニックむげん 院長 江口千恵子先生
15:00〜15:50『X線治療及び粒子線治療の現状と展望』
メディポリスがん粒子線治療研究センター 有村健先生
16:00〜16:50『がん教育について〜いのちの授業〜』
NPO法人がんサポートかごしま 理事長 三好綾

■参加費: 会員 3,000円  非会員  10,000円
   (※当日までに会員になって頂けますと会員料金で受講ができます。
      会員になるには入会金500円、年会費2,000円が必要となります。)

■申し込み方法
 以下の内容をご記入のうえ、電話またはFAX、メールにてお申込みください。
 ※先着100名様となっております。定員を越した場合はご連絡を致しますのでご了承ください。

■こちらから申込書はDLできます。
http://www.gan-support-kagoshima.com/manabou2014ura.pdf

●氏名:              
●住所:〒
●電話番号:
●ファックス番号:
●メールアドレス:      @
●お立場: (  がん患者さん  ご家族  医療者  その他 )
●NPO法人がんサポートかごしまの
 (  )会員である (  )会員ではない (  )入会希望  
       

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がん医療を学ぼう講座〜19日/20日〜

 4月1日から開講した「がん医療を学ぼう講座」も最終日を迎えます。週末は緩和ケア、患者さんの声をどっぷり聞ける講義となっています。当日参加も可能です。
ぜひお越しください。

【5月19日(土)】10時〜14時50分
かごしま県民交流センター大研修室第4(4F)
医療者:5000円 一般:3000円 治療中の患者さん:1000円

○『鹿児島の在宅医療』
 ナカノ在宅医療クリニック 院長 中野一司先生
○『いまどきの緩和ケア』
 神戸中央病院 緩和ケア科 新城拓也先生
○『がん患者家族のケア〜グリーフケア〜』
 社会医療法人博愛会相良病院 副院長 ホスピス長 斉藤裕先生
○『がん、その先へ〜病と向き合って生きる〜』
 朝日新聞東京本社 精巣腫瘍患者さん上野創さん

【5月20日(日)】10時〜13時50分
かごしま県民交流センター大研修室第2(3F)
医療者:5000円 一般:3000円 治療中の患者さん:1000円

○『がん患者さんの心のケア』
 国立がん研究センター東病院 緩和医療科・精神腫瘍科 科長 木下寛也先生
○『がんで死ぬということ』
 天陽会中央病院 緩和ケア科 高濱哲也先生
○『がん患者さん向けメイクセミナー』
 美容ジャーナリスト山崎多賀子さん
★講義終了後、受講生の皆さんの交流を兼ねて同会場でお茶会を開催します。

ぜひぜひご参加くださいませ。

カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がん医療を学ぼう講座〜4日目〜
がん医療を学ぼう講座2012の4日目が始まりました!

まずは第1コメ目。
伊集院産婦人科西田の院長先生でいらっしゃる、福元清吾先生のお話です。
『各がんの知識〜婦人科がん〜』のお話が始まっています。




2コマめです。『各がんの知識〜大腸がん〜』のお話を、南風(なんぷう)病院消化器内科の新原亨先生から伺っています。大腸がんも早期に発見すれば怖くない病気とのこと。現在、大腸がんの早期発見のために何をすればよいかをお話いただいています。後に検査方法や、治療法についてお話いただきます。




第3コマ目は、鹿児島大学腫瘍制御学 消化器・乳腺甲状腺外科の前村公成先生の
『各がんの知識〜胆管がん・すい臓がん〜』のお話です。



第4コマ目は、J−CAN等でもご一緒させていただいている、NPO法人グループ・ネクサス
理事長の天野慎介さんのお話です。
天野さんは厚生労働省のがん対策推進協議会の会長代理もされていますので、
国のがん対策について教えていただいております。



がん対策の歴史から、次期がん対策推進計画の内容について等々、
ジョークを交えながらお話いただいております。



最後の講座は『ドラッグ・ラグのきほんの"き”』。卵巣がん体験者の会スマイリー代表の
片木美穂さんの講演です。
ドラッグラグについて、鹿児島で講演会って初めてのことです。
皆さん、真剣にドラッグラグについて学んでいます!

今日はこれで講義終了となります。
明日はまた10時〜16時まで。
当日参加OKですので、どうぞお越しくださいませ。

カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4月14日は学ぼう講座2012の2日目講座です。
皆さん、こんにちは。今日は朝からミサイルのことなどがあり、何だか落ち着かない日でしたね。
鹿児島は雨がひどくなってきました。晴れたり、雨が降ったり体調を崩しやすい季節です。
皆さん、ご自愛くださいね。

さて、明日は『がん医療を学ぼう講座2012』の第2日目の講座です。

■全講座の内容はこちらの2Pからご覧になれます。
http://www.gan-support-kagoshima.com/manabo2012.pdf

明日もまた充実した講座になりそうです♪

【がん医療を学ぼう講座〜2日目〜】

日時:平成24年4月14日(土) 10時〜14時50分
場所:かごしま県民交流センター大研修室第2 

※当日参加OK
※受講料:医療者5000円、一般3000円、
学生2000円、治療中の患者さん1000円となっています。


●10時〜10時50分
『各がんの知識〜小児がん〜』
鹿児島市立病院 小児科科長 新小田雄一先生
写真新小田.jpg
(

【プロフィール】平成5年3月 鹿児島大学医学部卒業 
同年5月 鹿児島大学医学部付属病院小児科  
鹿児島こども病院、済生会川内病院、鹿児島市医師会病院、
宮崎県立宮崎病院、九州がんセンター等の小児科を経て
平成24年4月より現職。
日本小児科学会認定医、専門医。日本血液学会血液専門医、
血液指導医。日本小児血液・がん学会 小児血液・がん暫定指導医。

11時〜11時50分

「がん患者の性の問題」
昭和大学乳腺外科 医学部特別研究生 渡邊(わたなべ)()()先生

渡辺さん.jpg

【プロフィール】平成8年日本赤十字看護大学卒業後、
日本赤十字医療センターで看護師として従事。
その後東京大学大学院医学系研究科修士課程、
博士後期課程単位取得満期退学。看護師・保健学博士。
専門はがん治療と生活の質、特にセクシュアリティに関して。
がん研有明病院化学療法科データマネージャー、
東京慈恵会医科大学看護学科講師を経て、
本年度より、昭和大学病院ブレストセンター内で、
臨床研究のマネージメント、乳がん治療と生活を
結びつけるためのサポートプログラムの開発に従事している。

 13時〜13時50分
『各がんの知識〜胃がん〜』
公益社団法人鹿児島共済会南風病院
消火器内科部長 仁王辰幸先生


【プロフィール】
【学歴】19883月:宮崎医科大学卒業
【職歴】19886月:鹿児島大学医学部第二内科入局
    19906月:鹿児島大学医学部研究生
    沖縄琉生病院・県立大島病院・南風病院消化器病センター
    甑島診療所・鹿児島市医師会病院 などに勤務
    19965月:社団法人鹿児島共済会 南風病院へ入職
    19974月:同 消化器科医長へ就任
    20044月:同 消化器科科長へ就任
    20078月:同 消化器科部長へ就任現在に至る
【専門医】日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導                医/日本内科学会認定内科医

 

 ●14時〜14時50分
『各がんの知識〜乳がん〜』
かねこクリニック 院長 金子朋代先生



【プロフィール】
<学歴・職歴>
1999
年 福岡大学医学部卒業 
1999
年〜2000 福岡大学医学部付属病院 第一外科勤務
2000年〜2002年 癌研究会附属病院(現癌研有明病院)
外科、乳腺外科、レジデント
2002
年〜2003年 中間市立病院 外科
2003
年〜2004  金子病院 外科
2004
年〜2006  癌研究会癌研究所 乳腺病理部
(現癌研有明病院研究所、乳腺病理部
2006
年〜現在  かねこクリニック    

<所属学会・認定>外科学会専門医/乳癌学会認定医/
マンモグラフィー読影認定医/乳癌学会・乳癌検診学会・
日本外科学会・日本人類遺伝学会・日本甲状腺外科学会 
日本甲状腺学会

 

カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がん医療を学ぼう講座~第1日目~
4月1日からいよいよ「がん医療を学ぼう講座2012」が開講しました!



県内外からの受講生の皆さんが、初顔合わせ。
スタッフも初めてのことで、慣れないこともありバタバタして
すみませんでした!

まずは主催者でもあるNPO法人がんサポートかごしまの理事長三好綾から
開講の挨拶とオリエンテーションをさせて頂きました。

****************************

その後、第1回目の講座が開始です。
まずは鹿児島県保健福祉部健康増進課の神宮寺浩章係長
「鹿児島県のがん対策・相談支援状況]
 について講義が行われました。



鹿児島県とう行政の立場から、最新のデータをご提示いただき、
鹿児島県のがんの現状(死亡状況、がん検診について)、
がん対策、相談支援状況、次期がん対策推進計画の策定状況について
詳しくお話頂きました。

少しだけご報告しますと…

死亡者数の多いがん
全国では…’戮ん 胃がん B臘欧ん ご梁,ん ョ溝,ん
鹿児島… ’戮ん 大腸がん 0澆ん ご梁,ん ョ溝,ん

男女別(鹿児島県)死亡者数
男性…’戮ん 胃がん 4梁,ん ぢ臘欧ん チ偉腺がん
女性…‖臘欧ん 肺がん 4梁,ん、胃がん テがん
となっています。

次に財団法人メディポリス医学研究財団 がん粒子線治療研究センター
有村健先生より「がんの放射線治療について」お話頂きました。



有村先生からは、まず「がんについて」お話がありました。
どうやってがんが増殖していくのか、転移していくのかを
アニメーション等をつかって大変分かりやすく教えてもらいました。
そのあと、「放射線とは?」のお話では、どういう仕組みで放射線ががんを
やっつけるのか、X線と粒子線の違いなどを教えて頂きました。

現在の特殊な放射線治療として、前立腺がんに対する小線源治療や、
ガンマナイフ、サイバーナイフ、トモセラピー、ノバリス、MHI−TM2000についても
教えて頂きました。

全国的に放射線治療医が少ないこともあり、海外に比べて遅れている分野なのだそうです。
最後に粒子線について詳しくレクチャー頂きました。
なぜあんなに高いのか?これだけの施設を必要としているからなのだな、と納得。
いろいろと話題になっている、陽子線と炭素イオン線の違いも教わりました。

そしてNPO法人がんサポートかごしまの副理事長で、医療ソーシャルワーカー
上水流政美さんより
「がん患者に関係する社会保障制度〜経済的負担の軽減〜」
についてお話がありました。



上水流さん自身も胃がんの治療中であることもあり、体験を通して使った制度等について
詳しくお話下さいました。

社会保障制度にはさまざまなものがあります。
・高額療養費制度 ・高額療養費貸付制度 ・高額療養費受領委託払い
・医療費控除 ・介護保険 ・身体障害者認定
・傷病手当金 ・年金繰り上げ支給 ・生活保護 
・生活福祉資金 ・雇用保険 等

上水流さんからは、普段何気なく使っている医療保険制度についても
教えて頂きました。最近は国民保険料が払えず、保険証がない方の問題もあります。
そして診療報酬の仕組みについても、勉強になりました。
それぞれの制度について、計算方法、申請の仕方など、すぐに役立つ情報が
満載でした。

またちょうど1日から高額療養費の限度額認定証が、外来でも使えるようになりました。

最後に、今村病院分院の院長先生、宇都宮與(あたえ)先生より
「成人T細胞白血病について〜原因と病気について学ぶ〜」
についてお話頂きました。



宇都宮先生からは、ATL(成人T細胞白血病)を中心にお話頂きました。
なぜこのテーマかと言いますと、鹿児島県は死亡者数で行くと
日本一このATLで亡くなる方が多い地域なのです。
ATLは1977年に日本で初めて発見された病気です。

特徴的なのがATL細胞は花びら様の形をしています。(違うものもあります)
HTLV−1というウイルスが元になった血液の病気です。
日本では九州では長崎と鹿児島に多く、全国的にも沿岸部、離島に多いのが
特徴的です。

鹿児島に事務局を置く
■NPO法人・日本からHTLVウイルスをなくす会・スマイルリボン
http://www.minc.ne.jp/~nakusukai/
の菅付さんはこの分野で、日本一頑張っておられ、私がとても尊敬している
患者さんです。

鹿児島県の取り組みについて、宇都宮先生からもお話がありましたが、
今から決められる次期がん対策推進計画には、この問題も大いに入れていかなくては
と心に誓いました。

************************************

ということで…初日から大変濃い講義の連続で、
学ばせて頂いたことに感謝しています。

第2回目は、4月14日(土)です。
当日申込もOKですので、ぜひご参加されませんか?
あと6日間ありますので、ぜひ!
http://gansapo.jugem.jp/?eid=311
詳細は↑から。


JUGEMテーマ:がん全般
 
カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【がん医療を学ぼう講座2012】開講中!

今から数年前に「がん医療を学ぼう講座」をしました。
あのときは正力厚生会の助成事業として開催しましたが、今回は自主事業で
参加費はかかりますがより充実した講座を目指しました。

全部で29講座です。7日間に分けて講座を実施。
各がんの知識や、患者さんの体験談、ドラッグラグ、就労、サバイバーシップ、
がん対策、漢方の話、情報、性の問題、放射線、社会保障制度、生活術、
コミュニケーションスキル、在宅、緩和、グリーフケア、メイクセミナーと…
なかなかの内容となっております。

当日参加OK!

直接会場の受付にお越しください。

表.jpg

http://www.gan-support-kagoshima.com/manabo2012.pdf
↑こちらからチラシはDLできます。
申込書も2枚目にありますので、ご利用下さい。

■「がん医療を学ぼう講座2012」

日時:平成24年4月1日(日)・4月14日(土)・4月21日(土)
4月29日(日)・4月30日(祝)・5月19日(土)・5月20日(日)
の7日間講座

場所:かごしま県民交流センター大研修室
(〒892-0816 鹿児島市山下町14−50)

内容:添付の通り

参加費:
◎医療者(医師、看護師、薬剤師、SW等):定員30名
 【1日講座受講:5,000円/1日】
◎一般:定員30名
 【1日講座受講:3,000円/1日
◎学生:定員10名
 【1日講座受講:2,000円/1日】
◎治療中のがん患者さん:定員30名
 【1日講座受講:1,000円/1日】

****************************

■問い合わせ&申込先
NPO法人がんサポートかごしま 
 gansapo@aroma.ocn.ne.jp
〒890-8511  鹿児島市下伊敷3丁目1番7号
鹿児島県民総合保健センター2F 099-220-1888

カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がん医療を学ぼう講座2012〜初日〜

がん医療を学ぼう講座がいよいよ4月1日から開講です。
7日間講座となっていますが、1日のみの受講も可能ですのでご案内です。

【がん医療を学ぼう講座2012〜初日〜】4月1日(日)大研修室第2

参加費:医療者5000円 一般3000円 学生/治療中のがん患者さん1000円

※申込方法 FAX099−220−1888まで
お名前、年齢、ご住所、電話番号をご記入のうえお申込み下さい。
※定員がありますので応募が多い場合は先着順とさせていただきます。

10:00〜10:15
オリエンテーション
NPO法人がんサポートかごしま 理事長 三好綾

10:15〜11:05
「鹿児島県のがん対策・相談支援状況」
鹿児島県保健福祉部健康増進課係長 神宮寺浩章さん

11:05〜11:55
「がんの放射線治療について」
メディポリス医学研究財団 がん粒子線治療研究センター 有村 健先生

20120224有村 - コピー.JPG

有村先生プロフィール

1999  3月 鹿児島大学医学部卒業
  同年  5   鹿児島大学放射線科入局
2005  8月 日本医学放射線学会認定放射線治療専門医
200610月 日本放射線腫瘍学会認定放射線治療認定医
200810   兵庫県立粒子線医療センター
200910月  鹿児島大学医学部歯学部附属病院放射線部
2010  7   メディポリス医学研究財団がん粒子線治療研究センター


13:00〜13:50
「がん患者に関係する社会保障制度〜経済的負担の軽減〜」
医療ソーシャルワーカー 上水流政美さん

IMG_3499.JPG

14:00〜14:50
「成人T細胞白血病について−原因と病気について学ぶ−」
公益財団法人慈愛会 今村病院分院 院長 宇都宮 與(あたえ)先生

宇都宮 写真2 - コピー.JPG

宇都宮先生のプロフィール

<職位>
()慈愛会今村病院分院院長
鹿児島大学大学院連携講座客員教授就任

<略歴>
昭和52年鹿児島大学医学部卒業
昭和52年鹿児島大学第二内科
昭和54年愛知県がんセンター第二内科
昭和59年国立都城病院内科医長兼研究検査科科長
昭和62 ()慈愛会今村病院分院血液内科部長
平成 4年日本骨髄バンク地区調整医師
平成16年 ()慈愛会今村病院分院院長
平成15年 鹿児島大学第二内科同門会賞 佐藤賞受賞

日本血液学会代議員
日本リンパ網内系学会評議員・編集委員
日本造血細胞移植学会評議員・社保委員会委員

たくさんのご参加お待ちしております。
その他講座はこちら。
http://gansapo.jugem.jp/?eid=311

カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |