がん医療を語ろうサロンを開催しました!

延期になっていました、がん医療を語ろうサロンを

11月5日(土)13時〜16時、県民総合保健センター講堂にて開催しました。

各拠点病院、指定病院の相談支援センターの皆さんや

患者団体の皆さんが集まりました。

 

まず最初に妙行寺の井上從昭先生より

「今を生きる、ありのままに生きる、がんとともに」

というお話を頂きました。

 

P1000467.JPG

先生がお看取りをされたがん患者さんのお話や

園長先生時代のお子さんとのエピソードなど、心温まるもの

ばかりでした。どのお話も納得できるものばかりでした。

 

P1000469.JPGP1000468.JPG
 

そして今回は「ターミナケア終末期医療について」の意見交換をしました。

こんな相談は難しかった、どう寄り添っていけばよいのだろうか・・そんなお話をしました。

医療者の立場、患者会の立場、当事者として思うこと・・など井上先生にもご参加いただき、

活発な議論が出ました。それぞれの立場の角度で考えると見えてくるものもあり、

大変有意義な時間となりました。

 

P1000476.JPG

 

そのあとは、NPO法人がんサポートかごしまの松下真一さんから

癌治療学会でのポスター発表をした「がんサポートかごしまと

相談支援センターとの協働」について報告がありました。

アンケートいただいた相談員の皆さんの前で報告することが出来ました。

 

P1000481.JPG

お休みの日に関わらず、たくさんの皆さんがご参加くださいました。

ありがとうございました!

 

次回は平成28年1月21日(土)13 時〜16 時
講演『小児がんについて』(仮題)

小児がんサポートのぞみ 中間初子さんのお話です。

 

JUGEMテーマ:がん全般

カテゴリ:がん医療を語ろうサロン | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がん医療を語ろうサロンを開催しました!〜院内がん患者サロンにおける協働について〜
今日は、県民総合保健センターにて
「がん医療を語ろうサロン」を開催しました。

参加者は、相談支援センターや緩和ケアチームに携わる医療者の皆さんと、
患者会の運営に携わる皆さんが対象です。

P1000723.JPG

今日のテーマは「院内がん患者サロンにおける協働について」でした。
NPO法人がんサポートかごしまの理事長三好から、
具体的な取り組み例や、鹿児島県のがん患者サロンや患者会の現状、
院内サロンをスタートするには?というお話をさせて頂きました。

そのあと、今給黎総合病院の「ほっとサロン今給黎」の好事例をお話頂きました。
今給黎総合病院でサロンが始まって6年になるそうです。
私たちがんサポートかごしまが最初に協働させて頂いた病院でもあり、
改めて協働の大切さや、ありがたさを思うことでした。

そのあとは意見交換会。
すでに院内サロンを始めている皆さんからの悩みや、情報提供。
これから始めたい病院の方から、アドバイスを求める声などがあがり、
大変充実した時間となりました。

次回はまた半年後の開催となるかと思いますが、
必ずまた実施したいと思います。

ご参加の皆さん、ありがとうございました!

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:がん医療を語ろうサロン | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がん医療を語ろうサロン」開催しました
本日は「がん医療を語ろうサロン」でした!



相談支援センターの皆さんと、患者会のみなさんの意見交換会です。



今日のテーマは「患者会・ピアサポーターとの協働」について。サロンや勉強会の協働の好事例の共有、問題点、これからの前向きな共働について、話し合いまとめました。



詳細は白板をご参考にしてください。





こうして顔の見える関係を作ることが、協働の第一歩でもあります。
ここからまた新しい協働のかたちが生まれることを期待します!

お休みのところたくさんの皆さんのご参加、ありがとうございました!
カテゴリ:がん医療を語ろうサロン | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |