<< がん対策推進協議会へ | main | 国会がん患者と家族の会・総会に出席 >>
12月10日のがん対策推進協議会

 鹿児島も寒くなってきましたが、お風邪ひいていませんか?

さて、ブログ更新がすっかり「協議会に行ってきます」でストップしていまい、
申し訳ありません。いろいろと走り回っておりまして、今頃の更新になりました。

大まかに書きますと、12月10日のがん対策推進協議会では、
専門委員会に[緩和ケア]の設置が決まりました。
すでに決まっていた「がん研究」と「小児がん」に引き続きとなります。
私自身も[緩和ケア]と「相談支援」を提案していたので、ひとつは通ったことになります。
相談支援に関しては、今後3月までに実施される「集中審議」の中で
検討されることとなりました。

その他、今回の集中審議では「拠点病院」について審議されました。
集約化と均てん化について意見が出されました。
根本的な拠点病院の在り方、機能についての話もありましたし、
指定要件見直しについても。

相談支援センターについては、患者委員から
使い勝手が悪い、広報がなされていない、などの
話が出ました。
患者会がチェックに行く、というサイトビジットの話もありましたので、
各拠点病院の皆さん、
どうぞドキドキしながらお待ちください。
本当に行くかは分かりませんが、とりあえず
拠点病院内の相談支援センターの看板設置については
今まで何度も協議会の場で発言が出ていますので、
最低限よろしくお願いします。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000yj2r.html
協議会の資料はこちらから。

これから3月までの任期の間に、集中審議が月に1〜2回開催される
とのこと。
実りある協議会にするために、私たち患者委員も緊張感を持って
望みたいと思います。
いろんなことがあり、患者委員の言動はかなりの注目を
浴びているという意識をもって。

カテゴリ:がん対策推進協議会 | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/156
トラックバック