<< 胃がんの講演会に行ってきました | main | 若いがん患者さんのおしゃべり会を開催します >>
鹿児島県でも東日本太平洋沖地震の支援が始まりました
大きな地震のあとの混乱は、まだ続いています。
被災地の皆さんは、寒い中をとてもご不便な状況だと思います。
離れている私たちにできることを、精一杯と思います。

鹿児島県でも、以下のような支援が始まっています。
http://www.pref.kagoshima.jp/bosai/sonae/sonae/touhokujishin.html#1

↑こちらから、救援物資の受け付けや災害ボランティアについて調べることができます。

◎東北地方太平洋沖地震の被災地に対する鹿児島県支援本部の設置

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって,東北地方から関東地方にかけて,極めて広い範囲で甚大な被害が発生したため,鹿児島県としても,被害を受けた地域に対して,被災者の救援・救護に係る人員の派遣や資機材及び物資の提供などを全庁的な体制で迅速に行うため,3月14日に知事を本部長とする「東北地方太平洋沖地震鹿児島県支援本部」を設置しました。
 
1 支援本部の構成
  本部長(知事),副本部長(副知事),本部員(各部局長),事務局(危機管理局)
 
2 現在実施している主な支援状況
 ○ DMATの派遣
 ○消防・防災ヘリ「さつま」の派遣(3/12〜)
 ○東北地区の献血支援のための日曜日の献血の実施(3/13)
 ○緊急消防援助隊の派遣(3/14〜)
 ○義援金の募集開始(3/14〜)
 ○かごしま遊楽館内の店舗への義援金募金箱設置(3/14〜)
 ○放射線防護服の提供(3/14)
 ○毛布,水,茶,大人用紙おむつ,マスク,防護用マスクの提供(3/16)
 
3 今後予定している主な支援内容
 ○健康相談や心のケア対策に係る精神科医,看護師,保健師等の派遣
 
※詳細は,別紙をご参照ください。  
カテゴリ:他団体の活動 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/201
トラックバック