<< 日本死の臨床研究会へ | main | 日本死の臨床研究会年次大会〜2日目〜 >>
日本死の臨床研究会年次大会〜1日目〜
 昨日は千葉県の幕張メッセで開催中の「日本死の臨床研究会」年次大会に
参加しました。
http://www.jard35.com/index.html

詳細はまた後日。とりいそぎ、聴講した演題を書いておきます。

・会場講演「私のいのちのささえ」林章敏先生
林先生は一昨年、鹿児島の南九州病院での「緩和ケアフォーラム」でご一緒させていただき、そのあったかなお人柄にとても癒された先生です。

・事例検討3
「末期がんの母親を持つ子どもたちの予期悲嘆へのアプローチ
〜低学年の子どもたちへの病状説明を振り返る〜」谷川弘子さん

・ランチョンセミナー4
「健康と病いの語りデータベースとは〜病いを生きる人々の語り〜」射場典子さん

・教育講演1「最期まで希望をもって生きられるか」清水哲郎先生

・シンポジウム3「子どものホスピス〜その理念と歴史、我が国における展望」

今日もまた頑張ってきいてきます!
カテゴリ:がん関連学会 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/253
トラックバック