<< 日本死の臨床研究会年次大会〜1日目〜 | main | 日本癌治療学会へ〜スカラーシッププログラム〜 >>
日本死の臨床研究会年次大会〜2日目〜
 報告がすっかりずれこんでおります・・・汗。

先週末の幕張メッセでの「死の臨床研究会」年次大会2日目に受講した内容です。

■シンポジウム4『事例から考えるスピリチュアルケアの実践」
 大下大圓さん、窪寺俊之さん、田村恵子さん、村田久行さん

 このシンポジウムはおもしろかったです。看護師さんと患者さん、薬剤師さんと患者さんの
 会話を通して事例検討をいろんな立場の専門家が発表する、というもの。
 私がとても尊敬している看護師の田村さんのお話を直接聞くことができて嬉しかったです。
 NHKの「プロフェッショナル」に出られたDVDを何度も見返したくらいです。
 「どんなときでも希望は見つかる」あの言葉を胸に、患者さんのケアを続けています。

■市民公開講座『いのちの川』
 山崎充哲さん

 おさかなポスト、を皆さんご存知ですか?
 http://ameblo.jp/osakanapost/

 多摩川の自然を守り、お魚や亀さんのいのちを守るために活動されている
 山崎さんのお話は、がんとは違う世界でしたがとても楽しく聞けました。
 思わずノートにはたくさんのイラストを書いてしまうくらい(笑)

2011101621030001.jpg

2011101621030000.jpg

あとはポスターセッションを見たり、本屋さんを見たり、
仲間達と「がん談義」に盛り上がりました。
たくさんの方と再会できるのも、学会の楽しみでもあります。
ありがとうございました。

年次大会は初めての参加でしたが、患者会活動を通してどうしても
学ばなくてはいけない緩和ケアの中でのスピリチュアルケアの部分を
学ぶことができてよかったです。

来年は京都だったでしたか?楽しみにしたいと思います。

IMG_3341.JPG

スカイツリーを近くで見ることができました♪
だいぶ出来上がってきたような気がします。
カテゴリ:がん関連学会 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/254
トラックバック