<< お花見は中止になりました | main | サロン午前中はお休み >>
がん医療を学ぼう講座~第1日目~
4月1日からいよいよ「がん医療を学ぼう講座2012」が開講しました!



県内外からの受講生の皆さんが、初顔合わせ。
スタッフも初めてのことで、慣れないこともありバタバタして
すみませんでした!

まずは主催者でもあるNPO法人がんサポートかごしまの理事長三好綾から
開講の挨拶とオリエンテーションをさせて頂きました。

****************************

その後、第1回目の講座が開始です。
まずは鹿児島県保健福祉部健康増進課の神宮寺浩章係長
「鹿児島県のがん対策・相談支援状況]
 について講義が行われました。



鹿児島県とう行政の立場から、最新のデータをご提示いただき、
鹿児島県のがんの現状(死亡状況、がん検診について)、
がん対策、相談支援状況、次期がん対策推進計画の策定状況について
詳しくお話頂きました。

少しだけご報告しますと…

死亡者数の多いがん
全国では…’戮ん 胃がん B臘欧ん ご梁,ん ョ溝,ん
鹿児島… ’戮ん 大腸がん 0澆ん ご梁,ん ョ溝,ん

男女別(鹿児島県)死亡者数
男性…’戮ん 胃がん 4梁,ん ぢ臘欧ん チ偉腺がん
女性…‖臘欧ん 肺がん 4梁,ん、胃がん テがん
となっています。

次に財団法人メディポリス医学研究財団 がん粒子線治療研究センター
有村健先生より「がんの放射線治療について」お話頂きました。



有村先生からは、まず「がんについて」お話がありました。
どうやってがんが増殖していくのか、転移していくのかを
アニメーション等をつかって大変分かりやすく教えてもらいました。
そのあと、「放射線とは?」のお話では、どういう仕組みで放射線ががんを
やっつけるのか、X線と粒子線の違いなどを教えて頂きました。

現在の特殊な放射線治療として、前立腺がんに対する小線源治療や、
ガンマナイフ、サイバーナイフ、トモセラピー、ノバリス、MHI−TM2000についても
教えて頂きました。

全国的に放射線治療医が少ないこともあり、海外に比べて遅れている分野なのだそうです。
最後に粒子線について詳しくレクチャー頂きました。
なぜあんなに高いのか?これだけの施設を必要としているからなのだな、と納得。
いろいろと話題になっている、陽子線と炭素イオン線の違いも教わりました。

そしてNPO法人がんサポートかごしまの副理事長で、医療ソーシャルワーカー
上水流政美さんより
「がん患者に関係する社会保障制度〜経済的負担の軽減〜」
についてお話がありました。



上水流さん自身も胃がんの治療中であることもあり、体験を通して使った制度等について
詳しくお話下さいました。

社会保障制度にはさまざまなものがあります。
・高額療養費制度 ・高額療養費貸付制度 ・高額療養費受領委託払い
・医療費控除 ・介護保険 ・身体障害者認定
・傷病手当金 ・年金繰り上げ支給 ・生活保護 
・生活福祉資金 ・雇用保険 等

上水流さんからは、普段何気なく使っている医療保険制度についても
教えて頂きました。最近は国民保険料が払えず、保険証がない方の問題もあります。
そして診療報酬の仕組みについても、勉強になりました。
それぞれの制度について、計算方法、申請の仕方など、すぐに役立つ情報が
満載でした。

またちょうど1日から高額療養費の限度額認定証が、外来でも使えるようになりました。

最後に、今村病院分院の院長先生、宇都宮與(あたえ)先生より
「成人T細胞白血病について〜原因と病気について学ぶ〜」
についてお話頂きました。



宇都宮先生からは、ATL(成人T細胞白血病)を中心にお話頂きました。
なぜこのテーマかと言いますと、鹿児島県は死亡者数で行くと
日本一このATLで亡くなる方が多い地域なのです。
ATLは1977年に日本で初めて発見された病気です。

特徴的なのがATL細胞は花びら様の形をしています。(違うものもあります)
HTLV−1というウイルスが元になった血液の病気です。
日本では九州では長崎と鹿児島に多く、全国的にも沿岸部、離島に多いのが
特徴的です。

鹿児島に事務局を置く
■NPO法人・日本からHTLVウイルスをなくす会・スマイルリボン
http://www.minc.ne.jp/~nakusukai/
の菅付さんはこの分野で、日本一頑張っておられ、私がとても尊敬している
患者さんです。

鹿児島県の取り組みについて、宇都宮先生からもお話がありましたが、
今から決められる次期がん対策推進計画には、この問題も大いに入れていかなくては
と心に誓いました。

************************************

ということで…初日から大変濃い講義の連続で、
学ばせて頂いたことに感謝しています。

第2回目は、4月14日(土)です。
当日申込もOKですので、ぜひご参加されませんか?
あと6日間ありますので、ぜひ!
http://gansapo.jugem.jp/?eid=311
詳細は↑から。


JUGEMテーマ:がん全般
 
カテゴリ:がん医療を学ぼう講座2012 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/322
トラックバック