<< 第1回 がん患者ピアサポーター養成講座のご案内 | main | 若者患者会「きらら」SNSのご紹介〜35歳以下でがんになった皆さんへ〜 >>
第1回 がんピアサポーター養成講座を行いました!
平成25年8月24日(土)10時〜17時に
鹿児島市市民福祉プラザ大会議室にて、
「がんピアサポーター養成講座」を開催しました。

19名の方が受講してくださいました。

まず医学的知識(がんの基礎知識)について」
かねこクリニック院長 金子朋代先生にお話頂きました。内容は「がん診療の流れ・各種がんの基本的知識・がん治療の3本 ・臨床試験と先進医療制度について・補完代替医療について」という内容を短い時間で大変分かりやすく教えて頂きました。

RIMG0447.JPG

金子先生からも「ピアサポーターの大切さ」をお話いただき、
また受講生の皆さんもやる気が出たと思います。
ありがとうございました!


そのあと「がん患者さんの心」という演題で 鹿児島大学病院 心身医療科 網谷東方先生にお話頂きました。内容は「精神腫瘍学について・緩和ケアについて」です。

RIMG0452.JPG

患者さんが心がしんどいときにどうしたらよいか、お話頂きました。
ありがとうございました。

そしてここから「ピアサポートとは何か?」という本題に入って
いきます。
 NPO法人がんサポートかごしま副理事長 石窪てるみさんから
お話がありました。具体的なピアサポーターの役割や活動場所について
お話してもらいました。

RIMG0456.JPG


午後からは「ピアサポーターにとって大事なこと」をNPO法人がんサポートかごしま理事長 三好綾から。
              

ピアサポーターのしんどさも含めて、気をつけていきたいことを
具体的にお話させて頂きました。

RIMG0460.JPG

最後に「より良いコミュニケーションのために」という演題でNPO法人がんサポートかごしま理事 椎屋美穂子さんにお話頂きました。
椎屋さんご自身のご家族を見送られた経験、ピアの方に支えて頂いたことを
お話いただき、大変心に染みいるものでした。
ありがとうございました。

RIMG0462.JPG

15時からは、ロールプレイです。
3人1組に分かれ、相談者役・ピアサポーター役・観察者役に
分かれて事例をもとに、練習しました。

実際にやってみると難しい、間の取り方が悩ましかった、
自分の体験を思い出して泣いてしまった、など
たくさんの意見が出ました。

たった1日の研修でしたが、たくさんの新しい出会いを頂き、
みなさんが体験を通して、何かしら誰かの役に立ちたいと
思っておられるということが伝わってきて、
嬉しくなりました。

これから、実地研修に入っていきます。
この現場での研修を終えてから、修了証をお渡しすることになっています。

報告でした。
カテゴリ:ピアサポーター養成 | 11:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
大変興味深く見せて頂きました。癌患者を看取った者の一人として・・・癌の治療の選択(その為には患者側が治療方法を知ること)医師との意志の疎通確認 本人の意志の表示(意識がはっきりしている時にもし今後・・・で意志を聞いておくべきだと思います) 本人と家族のメンタルヘルスケア 問題山積だと思います。ひとり いや一家族でも癌で苦しむ人が減りますようにお祈りしつつ応援いたします。
ドクター・ナースの皆様ご尽力を果たしていらっしゃると思いますが、医学だけでなく、精神サポートをもっともっと向上されることを望みます。
| hiromi mori | 2013/08/27 1:52 PM |
moriさん、コメントありがとうございました。
お返事が大変遅くなり申し訳ありません。
moriさんは患者さんを見送られたお立場なのですね。
書いてくださったこと、どれも大切なことだと思います。
「医学だけではなく、精神サポートを」ですね。
ありがとうございました。
| miyoshi aya | 2013/09/25 10:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/438
トラックバック