<< 11月の予定 | main | 癌治療学会報告会を実施しました >>
がん医療を語ろうサロンを開催しました!

延期になっていました、がん医療を語ろうサロンを

11月5日(土)13時〜16時、県民総合保健センター講堂にて開催しました。

各拠点病院、指定病院の相談支援センターの皆さんや

患者団体の皆さんが集まりました。

 

まず最初に妙行寺の井上從昭先生より

「今を生きる、ありのままに生きる、がんとともに」

というお話を頂きました。

 

P1000467.JPG

先生がお看取りをされたがん患者さんのお話や

園長先生時代のお子さんとのエピソードなど、心温まるもの

ばかりでした。どのお話も納得できるものばかりでした。

 

P1000469.JPGP1000468.JPG
 

そして今回は「ターミナケア終末期医療について」の意見交換をしました。

こんな相談は難しかった、どう寄り添っていけばよいのだろうか・・そんなお話をしました。

医療者の立場、患者会の立場、当事者として思うこと・・など井上先生にもご参加いただき、

活発な議論が出ました。それぞれの立場の角度で考えると見えてくるものもあり、

大変有意義な時間となりました。

 

P1000476.JPG

 

そのあとは、NPO法人がんサポートかごしまの松下真一さんから

癌治療学会でのポスター発表をした「がんサポートかごしまと

相談支援センターとの協働」について報告がありました。

アンケートいただいた相談員の皆さんの前で報告することが出来ました。

 

P1000481.JPG

お休みの日に関わらず、たくさんの皆さんがご参加くださいました。

ありがとうございました!

 

次回は平成28年1月21日(土)13 時〜16 時
講演『小児がんについて』(仮題)

小児がんサポートのぞみ 中間初子さんのお話です。

 

JUGEMテーマ:がん全般

カテゴリ:がん医療を語ろうサロン | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gansapo.jugem.jp/trackback/718
トラックバック