「がんのことをもっと知ろう講演会〜西之表市〜」開催!

今年も鹿児島県の委託事業として、講演会を3市町村で開催致します。
まずは離島の種子島での開催です。ぜひ皆さんお誘いあわせのうえ、お越しください。

■開催日程:平成27年11月8日(日)13:00〜16:45
■開催場所:社会医療法人義順顕彰会・田上病院会議室
(〒891-3198鹿児島県西之表市西之表7463番地/TEL.0997-22-0960)
■定員 50名

■講演会内容
  13:00〜13:50 『がんの治療について』
          花園幸一先生(社会医療法人義順顕彰会田上病院外科医師)
  13:50〜14:20 『がんと生きること』
           野田真記子さん(NPO法人がんサポートかごしま副理事長)
    14:20〜14:35 休憩
  14:35〜15:35 パネルディスカッション
           座長:眸尊身先生(田上病院病院長)
               三好綾(NPO法人がんサポートかごしま理事長)
                      演者:花園幸一先生(田上病院)
                              加世田和博さん(田上病院地域医療連携室ソーシャルワーカー) 
                              野田真記子さん(NPO法人がんサポートかごしま副理事長) 
  15:35〜15:45  休憩           
  15:45〜16:45  患者さんとご家族のおしゃべり会(演者も含む)
 
 ■がん相談
  15:45〜16:45 がん相談 
 ■患者サロン
  15:45〜16:45 患者さんとご家族のおしゃべり会

 □直接会場にお越しくださいませ
 
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がんのことをもっと知ろう講演会〜鹿児島会場〜」終了しました。
『がんのことをもっと知ろう講演会』が無事に終わりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

鹿児島県の委託事業の曽於市に続いて二度目の開催です。

まずは、がんサポートかごしまの運営委員の高橋真由美さんの
『がんとともに生きる』のお話です。
がんの告知から、治療、後遺症のお話、
がんサポートかごしまの活動紹介、これからのことをお話ししてくださいました。
あたたかいお話、ありがとうございました。


DSC00818.JPG

後半は、日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科医の勝俣範之先生のご講演でした。
『抗がん剤は効かないの罪』でもご紹介されている内容も盛りだくさんで、
いかに私たちがメディアに翻弄されているのか、
正しい知識を持つことが大切かを考えさせられました。

そして何よりも患者さんの思いに寄り添う先生のお気持ちに、
参加者の皆さんも心を動かされていたようです。
素敵なご講演ありがとうございました!

DSC00832.JPG

講演会終了後は、おしゃべり交流会にもそのまま先生もご参加いただき、
患者さんやご家族の質問にも答えてくださり、有意義な時間となりました。
ありがとうございました!

 DSC00834.JPG

最後は、鹿児島医療センター相談支援センターの臨床心理士の木ノ脇さんから、
相談支援センターについてご紹介頂きました!
相談支援センターを患者さんやご家族が利用しやすいように、
丁寧に優しく教えてくださいました。会場に来られていた患者さんたちは、
相談支援センターへのハードルが低くなったと思います。
木ノ脇さん、ありがとうございました!

DSC00838.JPG

終了後、本日のNPO法人がんサポートかごしまスタッフと、
勝俣先生と記念撮影!勝俣先生、ありがとうございました。

DSC00841.JPG
いつもスタッフの行動力と気配りにより、スムーズな運営が出来ます。
今日もお疲れ様でした!

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がんのことをもっと知ろう講演会・曽於市終了しました
12月6日(土)曽於市の生き生き健康センターにて
「がん医療を学ぼう講座」を開催しました。

司会は、NPO法人がんサポートかごしま副理事長、野田真記子さん。
RIMG0057.JPG

最初の講演は「がんとともに生きること」。
乳がん患者で、がんサポートかごしまの堂薗いずみさん。

RIMG0018.JPG

とても穏やかでしっかりした口調で、ご自身の体験を
お話してくれました。がんサポートかごしまの活動内容、
患者会との出会い、告知を受けてからの気持ち、
家族が抱きしめてくれたお話など。心にしみるお話でした。

RIMG0036.JPG

そして国立がん研究センターがん対策情報センター長の
若尾文彦先生。先生は毎年、鹿児島に講演に来てくださっています。
『地域のがん情報の探し方』として、検診のこと、
相談支援のこと、情報を得るためのテクニックなど、
多岐にわたるお話を、曽於市の情報を交えながら
お伝え頂きました。

RIMG0042.JPG

鹿児島市の今給黎総合病院の緩和医療科部長の松添大助先生からは
『どうして”がん”が怖いのか?』のお話がありました。
緩和ケアの先生がお話する「死生観」は、「天国がある」と思っている人にも
思っていない人にも、納得できるお話だったと思います。
緩和ケアのことについても、お話いただいたので
一般の皆さんにも、言葉が浸透すると良いなと思うことでした。

RIMG0047.JPG

最後に、鹿屋医療センター相談支援センターの田畑知子師長さんから
「相談支援センター」のご紹介をしていただきました。
相談支援センターはがんになる前にも利用ができること、
何でもご相談いただけることをお話下さいました。

終わった後の「おしゃべり交流会」には、22名の参加があり、
講師の先生方を交えて、曽於市、宮崎などから来られた皆さんとお話が弾みました。
曽於市には、拠点病院も指定病院もないので、
相談支援センターや患者サロンもありません。
こういった機会があればまた参加したい!という声も多かったので
ぜひ継続をどうにか考えていきたいと思いました。

次は、「がん医療をまなぼう講座」が20日(土)、21日(日)
に開催されます。1日でも参加可能ですので、ぜひご参加くださいませ。


JUGEMテーマ:がん全般
 
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がんのことをもっと知ろう講演会」〜阿久根会場〜

鹿児島県 がん患者相談・支援事業
主催:鹿児島県 共催:NPO法人がんサポートかごしま
協力:出水郡医師会広域医療センター

年々、がんにかかる人は増加しています。がんのことを学びたい方、
今がんと向き合っている方、がん患者さんをサポートしている方、どうぞご来場ください。

日時:平成27年1月25日(日)13時〜16時(12時半開場)
場所:出水郡医師会広域医療センター・大会議室
(鹿児島県阿久根市赤瀬川4513 TEL:0996-73-2375)


13:00〜13:50
 がんの治療についての情報
  『がんについての最新の情報』今村博 先生

  (出水郡医師会広域医療センター副院長)

13:50〜14:30
  緩和ケア医師による講演
  『緩和ケアってなあに?』坂元昭彦先生

  (医療法人あさひ会 金子病院)

14:30〜15:00
 乳がん患者さんの体験談
  『がんとともに生きること』園田順子さん

  (NPO法人がんサポートかごしま・ウェリナ鹿児島)

15:00〜15:10 相談支援センターからお知らせ  

15:10〜15:50 がん患者さんとご家族のおしゃべり会&がん相談

■申込方法
以下の申込書にご記入のうえ、電話またはFAXにてお申込みください。
※先着100名様となっております。定員を越した場合はご連絡を致します
のでご了承ください。
※看護師またはピアサポーターによる「がん相談」は先着3名様 となって
おります。

「がんのことをもっと知ろう講演会」申込書
http://www.gan-support-kagoshima.com/akune2014omote.pdf
こちらから。


FAX番号:099(833)3143
1月20日(火)〆切
申し込み先:NPO法人がんサポートかごしま
TEL:099−220−1888(平日10時〜17時)
Mail:gansapo@aroma.ocn.ne.jp

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がんのことをもっと知ろう講演会」〜鹿児島会場〜


がんのことをもっと知ろう講演会〜鹿児島会場〜のお知らせです。

主催:鹿児島県 共催:NPO法人がんサポートかごしま

日時:平成27年1月18日(日)13時〜16時(12時半開場)
場 所 : よ かセンター鹿児島・多目的ホール
   (鹿児島市中央町10番地キャンセ7F 電話:099-285-0003)


13:00〜13:30
  子宮頸がん患者さんのお話
 『がんとともに生きること』盒金値拡さん

   (NPO法人がんサポートかごしま運営委員)

13:30〜15:00
 「抗がん剤は効かないの罪」著者
  『がんの治療について』勝俣範之先生

    (日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科部長)

15:00〜15:10
  どこで相談すれば?
  『相談支援センターからのお知らせ』

15:10〜15:50
  患者さんとご家族のおしゃべり会&がん相談

問い合わせ先:NPO法人がんサポートかごしま
TEL:099−220−1888(平日10:00~16:00)
がん患者さんとご家族の交流会を希望者で開催します。
がん患者相談員によるがん相談もあります。

■申込方法
以下の申込書にご記入のうえ、電話またはFAXにてお申込みください。
※先着100名様となっております。定員を越した場合はご連絡を致します
のでご了承ください。
※看護師またはピアサポーターによる「がん相談」は先着3名様 となって
おります。

チラシ、申込書はこちらから。

申し込み先:NPO法人がんサポートかごしま
TEL:099−220−1888(平日10時〜16時)
Mail:gansapo@aroma.ocn.ne.jp
 
JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がんのことをもっと知ろう講演会」〜曽於会場〜のお知らせ


毎年恒例のがん患者・相談支援事業での講演会の開催です。
主催:鹿児島県 共催:NPO法人がんサポートかごしま

日時:平成26年12月6日(土)13時〜16時(12時半開場)
場 所 :そお生き生き健康センター・大会議室
   (曽於市末吉町二之方2342−2 TEL:0986-76-5353)

人数:先着100名
 
13:00〜13:30
 乳がん患者さんの体験談
 『がんとともに生きること』 堂薗いずみさん
   (NPO法人がんサポートかごしま事務局)

13:30〜14:30
 がんの情報を探すには?
  『地域のがん情報の探し方』若尾文彦 先生
  (国立がん研究センターがん対策情報センター・センター長)

14:30〜15:00
 緩和ケアの医師からのお話
  『どうして“がん”が怖いのか?』 松添大助先生
   (今給黎総合病院 緩和医療科部長)

15:00〜15:10
  相談支援センターからお知らせ

15:10〜15:50
  がん患者さんとご家族のおしゃべり会&がん相談

■申込方法
 以下の申込書にご記入のうえ、電話またはFAXにてお申込みください。
 ※先着100名様となっております。定員を越した場合はご連絡を致しますのでご了承ください。
  ※看護師またはピアサポーターによる「がん相談」は先着3名様 となっております。


 チラシ・申込書はこちら

JUGEMテーマ:がん全般



 
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
がんのことをもっと知ろう講演会!3市町村で開催!
3市町村で講演会を開催します!取り急ぎ概要を・・
いずれの会場も先着100名となりますのでお早めにお申込みください

【曽於市:がんのことをもっと知ろう講演会】
 日時:平成26年12月6日(土)13時〜16時
 場所:そお生き生き健康センター大会議室
  ○乳がん患者さん 堂薗いずみさん講演
  ○『地域のがん情報の探し方』若尾文彦先生
   (国立がん研究センターがん対策情報センター長)
  ○松添大助先生(今給黎総合病院緩和医療科)
 

【鹿児島市:がんのことをもっと知ろう講演会】
 日時:平成27年1月18日(日)13時〜16時
 場所:よかセンター鹿児島多目的ホール
  ○子宮頸がん患者さん 盒金値拡さん講演
  ○勝俣範之先生(日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科部長)講演
 

【阿久根市:がんのことをもっと知ろう講演会】
 日時:平成27年1月25日(日)13時〜16時
 場所:出水郡医師会広域医療センター大会議室
 ○『がんについての最新の情報』
   今村博先生(出水郡医師会広域医療センター副院長)
 ○『緩和ケアってなあに?』坂元昭彦先生(金子病院)
 ○乳がん患者さん 園田順子さん講演
 

 ■いずれも申し込み先はNPO法人がんサポートかごしままで 
 電話またはファックス、メールにて以下をご連絡ください。
  
 ●希望の会場
 ●代表者氏名
 ●同行者の人数
 ●代表者の連絡先電話番号またはメールアドレス
 ●がん患者さんとご家族の交流会参加の有無
  電話:099-220-1888(平日10時〜16時)
  FAX:同上
  メール:gansapo@aroma.ocn.ne.jp 
 

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がんのことをもっと知ろう講演会〜奄美市〜」終了しました!
JUGEMテーマ:がん全般
1月19日(日)『がんのことをもっと知ろう講演会〜奄美市〜』が無事終了しました。

1512348_633111026751289_1493429655_n.jpg

まずは「奄美のがん治療」という演題。
県立大島病院副院長・外科部長の實操二先生の「奄美のがん治療」というお話です。

1511066_633106180085107_1317014943_n.jpg

離島で本当に治療ができるのか、分かりやすいデータとともに奄美で手術をする結果と、県外で治療をした生存率に差はない」
という報告をしてくださいました。
離島では治らないものも、島外や県外に行けば治るのではないか?という期待を患者さんやご家族は抱くことが多いとのこと。
拠点病院である大島病院でも同じ治療が出来ることを分かっていただけて良かったと思います。

また離島でのがん医療の課題・提案として
1、セカンドオピニオンのすすめ
2、PET検査への過信
3、がん難民がいる
という話。

とくに3の情報が多いことで惑わされることがあるとのこと。
先生から「日頃から自分のことをよく分かってくれるかかりつけ医をもちましょう」
というアドバイスをいただきました!

そして「緩和ケアってなに?」という演題で県立大島病院の
麻酔科部長の大木浩先生のお話です。

まずPEACEプロジェクトのお話で「緩和ケアの概要」について学ばせて頂きました。
お話の内容をまとめると以下のようなことでした。

■『医療用麻薬』について
 ・法外な麻薬と、医療用麻薬は違う
 ・医療用麻薬以外の薬もある
 ・神経ブロック
 ・内服薬(漢方薬)
■つらさの理由について...
 ・全人的苦痛はチームアプローチで
■気持ちのゆらぎ
 ・希望する療養場所は変化する
 ・奄美は自宅か病院かしか選べないが連携で在宅の先生と診ることができる


1515031_633122703416788_1347034205_n.jpg

最後に「私の生きる道〜がんとともに〜」という演題でNPO法人がんサポートかごしま運営委員の野田真記子さんのお話でした。

24280_633128333416225_381981859_n.jpg

がんサポートかごしまの活動紹介、ご自身の体験談、患者会に
携わるようになった思いなどをお話してもらいました。
「人生二度目の講演です」というのは、持ちネタ?というくらい堂々としたお話ぶりで
参加者の方も聴き入っておられました。

そのあと、参加者は多くはありませんでしたが、
サロンと個別相談も実施し、地元の患者さんとの交流もはかることができ、とても良い会だったと思います。

大島病院の相談支援センターのみなさん、
緩和ケアチームの皆さん、本当にお世話になりました!

これで、「がんのことをもっと知ろう講演会」は
霧島市、鹿屋市、奄美市と3市町村を無事に終えることができました。
来年以降、この事業があるかどうかはまだ未定ですが、引き続きまだ行けていない市町村もあるので継続していけたらと
思います。
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「がんのことをもっと知ろう講演会〜奄美市〜」開催します



チラシはこちららDLできます。
http://www.gan-support-kagoshima.com/amami2013.pdf

『がんのことをもっと知ろう講演会〜奄美市〜』

日時:平成26年1月19日(日)13時〜16時(12時半開場)
場所:県立大島病院・講堂

(〒894-0015 奄美市名瀬真名津町18−1 TEL:0997-52-3611)

13:05〜13:50
『奄美のがん治療の現状』
實操二先生(県立大島病院・外科部長)

13:50〜14:30
『緩和ケアってなに?』
大木浩先生(県立大島病院・麻酔科部長)

14:30〜14:55
『私の生きる道〜がんとともに〜』
野田真記子さん(NPO法人がんサポートかごしま運営委員)

15:00〜15:50
患者さんとご家族のおしゃべり会&がん相談
 がん患者さんとご家族の交流会を希望者で開催します。
個別相談もありますので、ご希望の方はご連絡ください。

■問合せ先
NPO法人がんサポートかごしま 
TEL:099-220-1888(火曜・木曜)

■申込方法
以下から、申込用紙をダウンロードされ、FAXにてお申し込みください。
番号:FAX番号:099(833)3143
2014年1月17日(金)〆切

チラシ・申込用紙はこちららDLできます。
http://www.gan-support-kagoshima.com/amami2013.pdf
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 10:48 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
【がんをもっと知ろう講演会〜霧島市〜】無事終了!
今年で3年目となる「がんをもっと知ろう講演会」の初日を
12月1日(日)に霧島市にて迎えました。
今年は霧島市→鹿屋市→奄美市とリレーをつなぎます。

RIMG0007.JPG

場所は霧島市立医師会医療センター2Fの会議室にて。
どれくらいの方が来てくださるか、とても不安でしたが、
おかげさまで60名ほどの方がご参加くださいました。

RIMG0003.JPG

まずは国立がん研究センターがん対策情報センター長の若尾文彦先生より、
「がん情報の探し方」というお話。先生にお願いするのは今回が伊佐市に
続いて2回目なのですが、前回もそうでしたが講演をする会場に合わせた
情報提供をしてくださるので、参加者の皆さんにとってもとてもありがたいことです。

鹿児島県のホームページについても、詳しく触れてくださいました。

霧島市には「健康カレンダー」というものがあって、年間を通した健診のカレンダーが
一覧になっていて、大変分かりやすいものになっているとのこと。
以下のリンク先からご覧ください。
http://www.city-kirishima.jp/modules/page021/index.php?id=111

そして後半は「相談」ということで、相談支援センターや患者会についての
お話をしてくださいました。

RIMG0006.JPG

そして、藤元総合病院在宅医療センターの馬見塚勝郎先生からの
『私たちの緩和ケアの取り組み(入院と在宅)』というお話。
先生が書かれたというほっとするイラストもたくさん拝見できました。
画集を拝見したいものです。

先生のお話は病院で過ごすこと、在宅で過ごすことをテーマに
患者さんが生ききるために、何が今できるのか、
どんなふうに患者さんやご家族は過ごされているのかを
お話してくださいました。「寄り添うこと」を大切にされているとのこと。
先生の温かなお人柄が伝わってくる素敵なご講演でした。

RIMG0018.JPG

そして最後はがんサポートかごしま運営委員の野田真記子さんの体験談です。
初めての講演ということでしたが、堂々たるお話でした。

最初にがんサポートかごしまの活動内容も話してくれました。
ご自身が子宮頚がんと乳がんになった体験を、率直にお話してくださって、
会場の皆さんがとても真剣な表情で聞いていたのが印象的でした。
がんにはなったけれども、自分らしく生きる、という強い思いが伝わってくる
講演となりました。

ご講演の先生方、本当にありがとうございました。

講演終了ごは、20名ほどの方が残ってくださり「交流会」を開催しました。
3グループに分かれて、それぞれのテーブル、とても楽しそうにお話されていました。
ありがとうございました。

スタッフのみんなも、本当にお疲れ様でした!
次は8日の鹿屋医療センターでの「がんをもっと知ろう講演会」です。
がんばろう!











JUGEMテーマ:がん全般
 
カテゴリ:がんをもっと知ろう講演会 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/3PAGES | >>