草牟田小学校にて職員研修。

 

鹿児島市の草牟田小学校さんの職員研修に呼んでいただきました。

草牟田小学校さんには、これまでにも

学校保健委員会や6年生での授業でお世話になっています。

全職員のみなさんに、がん教育の背景やいのちの授業の概要や

伝えたい思いをお伝えできありがたいことでした。

また来年の2月の授業でもよろしくお願いいたします!

カテゴリ:いのちの授業 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
向陽小学校にて職員研修。


本日15時から、鹿児島市の向陽小学校にて、
職員研修にお声かけ頂き、お話をしてきました。

『がん教育』と『いのちの授業について
』60分お時間を頂きました。

向陽小学校さんでは6年生への授業実施も決まっており、楽しみです(*^^*)
カテゴリ:いのちの授業 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
兵庫県神戸市にて「いのちの授業」のお話をさせて頂きます。

患者が伝えるいのちの授業20160827-01 (1)-001 (1).jpg

 

■ひょうごがん患者連絡会「がん市民講座」

『学校におけるがん教育のあり方について』

 

日時:2016年8月27日(土)午後13時半〜16時

   (開場:13時)

場所:兵庫県民会館303号

   (神戸市中央区下山手通4−16−3/TEL078-321-2131)

 

講演:13:40〜15:10

 『患者が伝えるいのちの授業〜がん教育の取り組み〜』

   NPO法人がんサポートかごしま理事長 三好綾さん

  その後質疑応答など

 

参加費:500円(学生無料)

 

主催:ひょうごがん患者連絡会 会長 去来川節子

お問合せ: TEL:078-335-8668

      FAX:078-335-8669

カテゴリ:いのちの授業 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第3回「いのちの授業・語り手講座」があります!

第3回「いのちの授業・語り手講座」を開講します。

語り手チラシ(表).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんサポートかごしまが2010年から続けている「いのちの授業」に

ついてのすべてが分かる講座となっています。

またがん患者さんの語り手の心構えや、話すときの体験の整理等について

学びます。

 

今年は子どもたちのグリーフケアについての特別講座も開催。

防衛医科大学の高橋聡美先生をお迎えします。

「がんの基本的な知識」については、鹿児島大学緩和ケアセンター長の

松下格司先生をお迎えして学びます。

 

どうぞお越しください。

 

日時:2016年8月20日(土)・21日(日)

場所:鹿児島県民総合保健センター2F講堂

内容:チラシをご参照ください。

■チラシはこちらから

http://www.gan-support-kagoshima.com/katarite2016.pdf

 

語り手チラシ(裏).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:がん全般

 

カテゴリ:いのちの授業 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「いのちの授業」を見学されませんか?

授業も今年度は2月で終了です。
見学ご希望の方はご連絡ください。
DVDやyoutubeとは全く違うものだと思います。

■福平小学校(鹿児島市)2月10日(水)
 ●6年1組(三好)・3組(野田) 9:40〜10:25...
 ●6年2組(三好)・4組(野田)10:40〜11:25

■瀬々串小学校(鹿児島市)2月12日(金)
 ●6年生 (石窪) 9:50〜10:35
 ●5年生 (福田)10:50〜11:35

■草牟田小学校(鹿児島市)2月13日(土)
 ●6年1組(三好) 8:30〜9:15
 ●6年2組(野田) 9:25〜10:10

■中洲小学校(鹿児島市)2月17日(水)
 ●6年1組(三好) 9:35〜10:20
 ●6年2組(野田)10:35〜11:20

■向陽小学校(鹿児島市)2月26日(金)
 ●2クラス 時間未定(おそらく午前中)担当:福田、野田

■大口明光学園(伊佐市)2月29日(月)
 ●高校3年生(三好)13:25〜14:10

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:いのちの授業 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
私たちのいのちの授業について〜放送を観て下さった皆さんへ〜
おはようございます。

今朝のNHK[おはよう日本」をご覧になって、ここを
覗いてくださる方もおられるかと思い、少しだけ書いてみたいと思います。

まずはがんサポートかごしま初めての全国放送ということで、
大変ありがたいことだと思っています。
たくさんの方から「観ましたよ!」とお言葉をもらいました。
ありがとうございます!

さて、今朝の番組は「女性のがん」「乳がん」「早期発見」というキーワードでしたので、
秋田県の乳がん検診のコールリコール事業についての報告等がありました。
あれはいいですね。検診受診率向上の具体的な取り組みにふむふむと拝見しました。

そのあと、がんサポートかごしまの「いのちの授業」について、放送して頂きました。
切り口が早期発見でしたので、私たちの授業のほんの一部のみが流れました。
あれだけを見ると、私は「早期発見のみを促す体験者」のように映ったかもしれません。
もちろんあの伝えたいことは、本当ですし早期発見になればどんなにいいかと思います。

ただ私たちが2010年から取り組んできた「いのちの授業」は「早期発見」のみを
伝えるものではありません。がんの体験から気付いた、周りの人への感謝の気持ちや、
たくさんの思ったことを伝えます。
http://gansapo.jimdo.com/いのちの授業/
詳しくはこちらをご覧ください。

授業の後半では「かみづるさんのいのちの授業」というスライドを使って、
前副理事長の上水流さんの遺していったたくさんの素敵な言葉たちを、代わりに伝え、
子どもたちに「いのちの大切さ」について語りかけます。

旅立っていった仲間たちは、がんに負けたわけでもなければ
早期発見できなかった「だめ」な人ではなく、
たくさんのことを感じ、「生ききった」人たちであることを
伝えます。
なので「がん教育」は「予防」や「早期発見」だけではだめだとずっと
口うるさく言い続けてきました。

番組の後半に、授業を受けた子どもたちが「早期発見」について語る姿を見て
もちろん大切なことだけれども、「いのち」についてもきっと語ってくれたに
違いないと私は思っています。

子どもたちからもらう予定になっているお手紙感想をまたお伝えできればと
思います。

いろいろと書きましたが、こうして全国放送で流して頂いたことで、
「いのちの授業」に興味を持って下さる方が増えることは大変ありがたいことだと思います。
取材していただき、ありがとうございました。

これからも私たちなりの「がん教育」を続けていけたらと思います。
長文、読んでくださってありがとうございました。

NPO法人がんサポートかごしま
理事長 三好 綾
カテゴリ:いのちの授業 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「第2回いのちの授業 語り手講座」終了!
9月20日、21日に「第2回 いのちの授業 語り手講座」を開催しました。

RIMG0268.JPG

【9月20日】

RIMG0267.JPG
まずは、講義「国のがん教育が目指すものは?地方の具体的な取り組みは?」を
国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦先生よりお話頂きました。
他県の取り組みや、文科省がどのような内容を協議しているのかを学ぶことができました。


RIMG0285.JPGRIMG0270.JPG
講義「鹿児島県(鹿児島市・薩摩川内市)の取り組み」では、
薩摩川内市教育委員会の玉利先生より、薩摩川内市の川内南中、隈之城小学校での
取り組みについてご発表頂きました。
また伊敷中学校の養護教諭の馬場先生より、中学校での取り組みについてお話いただき、
がんサポートかごしまとの連携についてのお話も頂きました。


RIMG0298.JPG

講義「がんサポートかごしまによるいのちの授業の取り組み」では、
NPO法人がんサポートかごしま 理事長 三好綾が
「なぜいのちの授業は始まったのか?」「どんな内容で授業をしているのか?」
「どんなことに配慮して授業をしているのか?」等について具体的な話をさせて頂きました。


RIMG0299.JPGRIMG0304.JPG
RIMG0302.JPGRIMG0303.JPG
 
ワークショップ「子どもたちにがんのことを伝えるときに配慮したいこと」では、グループに分かれ、
それぞれの立場で考える「配慮したいこと」についてまとめました。
どのグループも、さまざまな背景があるであろう子どもたちへの最大限の配慮をしなくてはという
意見が出されました。また「生活習慣病ということだけを伝える危険性」についても話が出ました。
皆さん、講義で学んだことをしっかりと吸収され、意見を出されていました。

ここで1日目は終了です。

 
【9月21日】
RIMG0317.JPG
2日目は9時からスタートしました。
講義「子どもたちに伝えておきたいがんの知識」を 国立がん研究センターがん対策情報センター長
若尾文彦先生からお話頂きました。
一言で「がんの知識」と言っても幅広く、その中から子どもたちにどの部分を教えることが良いのか、
とても分かりやすくお話頂きました。

そのあと、実際に授業を録画したDVDを45分、観て頂きました。


RIMG0322.JPG
講義は、NPO法人がんサポートかごしま運営委員 茉莉花世話人 盒金値拡さんより
昨年から授業に携わって思ったことについて、お話頂きました。
           

ワークショップ「自身の体験を整理してみよう」では、患者さんは自身のがん体験を振り返り
ワークシートにまとめました。皆さん、真剣に向き合っておられる様子が印象的でした。
患者さん以外には、「しんどいこと」をまとめる作業を経験していただきました。

RIMG0331.JPG

そのあと、ワークショップ「自分の体験を伝える練習」です。
特に「子どもたちに分かりにくい言葉を使っていないか?」に焦点をあて、
2人2組でお話をします。

RIMG0335.JPG
このワークから、「医療用語を無意識で使ってしまっていた」
「子どもに分かるようにかみ砕いてお話することが難しい」という意見が
たくさんでました。

2日間の講座を通して得たことを、実際に授業風にお話していただくという経験を
していただきました。初めてのことで緊張された方もおられたかもしれませんが、
参加者の皆さんがお子さん役をうまく演じてくださり、楽しく過ごすことができました。

RIMG0344.JPGRIMG0347.JPG

RIMG0356.JPGRIMG0351.JPG
RIMG0359.JPG

2日間では、まだまだ時間が足りません。
このあとの研修はフォローアップ研修として、引き続き実施していきたいと思います。

講師の先生方、ご参加の皆さん、本当にお疲れ様でした!


JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:いのちの授業 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「いのちの授業・語り手講座2015」開催のお知らせ

語り手2015チラシ表.png
「がん教育」として、子どもたちに「がんの正しい知識」
「いのちの大切さ」を教える動きが、全国各地で起きています。

2010年からいのちの授業に取り組んできたがんサポートかごしまのノウハウを、
受講生の皆さんにすべてお伝えします。ぜひこの機会にご受講ください。

日 時:2015年9月20日(日)13時〜17時
    2015年9月21日(祝)  9時〜15時
参加費:2000円(がんサポートかごしま会員無料)
定 員:20名
場  所 :鹿児島県民総合保健センター2F講堂
      (鹿児島市下伊敷3-1-7)
対 象:がん患者さん、がん教育に興味を持たれている方

内 容:

【9月20日】
 12:30〜 受付開始
 13:00〜 開会の挨拶、内容説明
 13:10〜 講義 峭颪里ん教育が目指すものは?地方の具体的な取り組みは?」
                国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦先生
14:10〜 講義◆崋児島県(鹿児島市・薩摩川内市)の取り組み」
                 教育委員会・学校現場のお立場から(予定)
14:50〜 講義「がんサポートかごしまによるいのちの授業の取り組み」
                 NPO法人がんサポートかごしま 理事長 三好 綾
     16:00〜 ワークショップ 峪劼匹發燭舛砲んのことを伝えるときに配慮したいこと」
17:00   終了
 
【9月21日】
 8:30〜  受付開始
    9:00〜  挨拶、内容説明
    9:10〜  講義ぁ峪劼匹發燭舛謀舛┐討きたいがんの知識」
                  国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦先生
10:00〜 いのちの授業DVD視聴「小学校の実践をみんなで観てみよう」
11:00〜 講義ァ屬い里舛亮業に携わり思うこと」
              NPO法人がんサポートかごしま運営委員 茉莉花世話人 盒金値拡さん
11:15〜 ワークショップ◆崋身の体験を整理してみよう」
13:00〜 ワークショップ「自分の体験を伝える練習」
13:40〜 体験を発表してみよう
14:40〜 まとめ、アンケート記入
15:00〜 終了

■チラシ(申込書もこちら)のDLはこちらから
http://www.gan-support-kagoshima.com/katarite2015.pdf

■申込み方法
・氏名・年齢・お立場(がん患者・ご家族・医療者・教諭・その他)についてご記入の
うえ、ファックスまたはメールにてお申込みください。定員になり次第、申し込みを
締め切らせていただきますので、お早目にお申込みください。

FAX番号:099−833−3143
メール:gansapo@aroma.ocn.ne.jp
 
JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:いのちの授業 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いのちの授業スタート!南小にて。
いよいよ、今年度の『いのちの授業』がスタートしました。今日は鹿児島市の南小学校の6年生2クラス。野田さんと三好さんが担当しました。元気のよい子どもたちで、たくさんの元気をもらってきました。
今年も熱い授業を頑張っていきたいと思います!



カテゴリ:いのちの授業 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
犬迫小学校の職員研修へ。
【犬迫小学校・職員研修に行ってきました】

今年初めてお声かけを頂き、犬迫小学校の職員研修に行ってきました。
平成29年からがん教育が本格的に始まるであろうことを受けて、
先生方からのお声かけも増えてきています。

今日は、国の動き、がん教育とは、がんサポートかごしまの「いのちの授業」
についてお話してきました。
最後に実際に授業で使っている「かみづるさんのいのちのじゅぎょう」スライドを
使ってお話をさせて頂きました。
先生方にも実際に子どもたちに聞いている
「今までに死んでしまいたいと思ったことがありますか?」
「自分の好きなところ、嫌なところはありますか?」
を目をつぶって心の中で答えて頂きました。

たくさんの質問もいただき、私たちもたくさん学ばせて頂きました。
犬迫小学校では秋に子どもたちにも授業をさせて頂きます。とても楽しみです!

お世話になった先生方、ありがとうございました!

JUGEMテーマ:がん全般
カテゴリ:いのちの授業 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/9PAGES | >>